密室処女 第3話

密室処女|悠あらすじ&ネタバレ画像※悠路/KEWSのJK監禁調教エロ漫画

悠路/KEWSのJK監禁調教エロ漫画『密室処女』のあらすじ&ネタバレ画像を紹介しています。今すぐ読みたい方もコチラ!無料立ち読みもOKです♪

【大人気!おすすめ漫画】
ハンディコミック【ビッチ!?が田舎にやってきた[KATTS]】LP1※スマホ専用
ハンディコミック【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】LP1※スマホ専用
ハンディコミック【合宿免許の実態】LP1※スマホ専用


密室処女 第3話 ネタバレ

第3話 浴衣姿の無垢で可愛い娘が快感に飲み込まれた結果…

密室処女 第3話 ネタバレ

『密室処女』 第3話.『浴衣姿の無垢で可愛い娘が快感に飲み込まれた結果…』のあらすじを紹介です。ネタバレ有るのでご注意下さい。

四つんばいにされ、バックで挿入される美雨。

『奥まで突かないで』

と、必死の懇願もむなしく、木村は容赦なく奥まで激しく突いてくるのでした。

心ではすごく嫌だと感じているのに、体はもう木村のテクニックのとりこになっていたのです。

快楽を知ってしまったことに戸惑いを感汁ほどでした。

嫌だと否定していた美雨も、気がつけば、木村の体にしがみついていたのでした。

『ああっダメ、気持ちいいよ・・・』

『美羽ちゃんは本当に素直でいいこだなあ』

『あぁ、だめ、イっちゃう!!!』

そして、今までに味わったことのない快楽に、失神してしまうのでした。

『さぁ、今度はこの浴衣を着てごらん』

木村のいやらしい行為はまだまだ終わることがなかったのでした。

浴衣を着た美雨に木村は脚を開くように要求し、美雨はそれに従います。

脚を広げるとアソコがぱっくりと見え、それに興奮した木村のモノはすでに元気になっていたのです。

ハァハァしながら、自分のモノをしごき、美雨に口でするように優しくも強引な態度で迫ってくるのでした。

そして、要求にもだんだん素直に従うようになっていくのでした。

美雨の中でも、少しずつ変化が出てくるのでした。

口ですると、また口の中に大量に精子を注ぎ込み、最終的にはやはり美雨の中に挿入するのです。

バックから騎乗位など、美雨もどんどん気持ちよくなっていき、何度も絶頂を迎えるのでした。

そして、木村はついに、今日はもう帰っていいというのですが、美雨は・・・

『密室処女』が気になる人は、無料立ち読みから気軽にチェックしてみて下さい♪


密室処女
無料立ち読みはコチラ!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
密室処女
コミなびから配信中

【コミなび純稿】密室処女ver1
▲画像タップで無料立ち読み▲

※悠路/KEWSのJK監禁調教エロ漫画『密室処女』 の本編を読むためには会員登録が必要です。

スマホ専用|iPhone・Android対応
docomo / au / softbank
月額300円(税別)~